介護相談部門

ご利用対象者

ご利用対象者

病状が安定期にあり、入院治療する必要はないが、医学的な管理のもとに、リハビリテーション・看護・介護を必要とする方がご利用いただける施設です。

入所・短期入所・通所

介護保険制度下の介護認定で介護サービス給付の対象と認定された方がご利用できます。65歳以上で要介護状態と認定された方、および40歳以上65歳未満で要介護状態であって、その原因が特定疾病によるものと認定された方。

介護予防短期入所・介護予防通所

65歳以上で要支援状態と認定された方、および40歳以上65歳未満で要支援状態であって、その原因が特定疾病によるものと認定された方

専門の支援相談員、介護支援専門員(ケアマネージャー)がさまざまなご相談やお問い合わせにお応えします。

入所者の受け入れ体制

相談受付から利用開始の流れ

ご利用相談

ご家族様、介護支援専門員様などから電話、来所によるご相談。
申込書類、料金表、パンフレットなどをご郵送、お渡しいたします。
※申込書類はこちらからのダウンロードも可能です。

申し込み書類を受理

面談日時をご相談させていただきます。

面談
  • 利用者の病歴、生活歴等を申込書類に基づき、確認
  • 施設のサービス内容を重要事項説明書に基づき確認
  • 入所利用約款、利用同意書、個人情報使用同意書、その他の付随するサービス契約について、各契約書類(教養娯楽費、日用品・肌着リース)を提示しご説明いたします。

利用検討会

施設でのお受け入れが可能かどうかを判断させていただきます。
お受け入れ可能との判断により、ベッドの空きをお待ちいただきます。
なお、サービス利用について一部調整を必要とするケースは保留となります。
お受け入れが困難な場合は、適切な施設のご紹介等をご家族様に行います。

空床が出来るまで入所待機となります。

空床予定が立ち次第、入所日をご相談させていただきます。

入所利用開始

入所利用同意書、重要事項説明書、その他各契約書類の取り交わし

※デイケアの場合も基本的にご利用開始流れは同じですが、待機期間は特にありません。
専門の支援相談員、介護支援専門員(ケアマネージャー)がさまざまなご相談やお問い合わせにお応えします。

施設介護計画、リハビリ計画、栄養ケア計画の作成

入所・ショートステイについては施設のケアマネジャーが、ご家族・ご本人様・医師・看護師・介護福祉士・理学療法士などの専門職の意見に基づいて、ご本人様をどのようにお世話させていただくか計画を立てます。
リハビリ計画は、理学療法士が中心になって計画を作成いたします。過去、3ヶ月いないに当施設に入所されていない場合は、入所後3ヶ月間は週に5日間の個別リハビリテーションを実施いたします。
栄養ケア計画は、管理栄養士が中心になって計画を作成いたします。ご本人のBMI値などを確認し適切なお食事をご提供いたします。

ご本人様・ご家族様の同意をいただくこととなります。

退所支援

ご自宅への退所、もしくは在宅系の施設(有料老人ホーム、グループホーム、高齢者向け住宅など)への退所を支援しております。
退所先の選択、ご相談は支援相談員、介護支援専門員が承ります。ご安心ください。


先頭に戻る